アットベリーとピューレパールの違いは?

アットベリーとピューレパールを比較してみた

アットベリーは、わきや二の腕にできる肌の黒ずみに適応してきれいな肌にすることができるスキンケアクリーム商品です。ピューレパールのほうは、ワキの黒ずみケアに効果がある専用ジェルのことです。黒ずみを除去することができるのはアットベリーと一緒であり、またピューレパールも腕や胸のあたりなどの様々な黒ずみに対応して治療することができる点も共通しています。

 

では、何が違うのかというと成分にあります。ピューレパールのほうの成分を見ていくと、成分についてはトリプルヒアルロン酸やグリチルリチン酸2Kなどの美白成分4種類を配合しています。さらに肌を透明にすることができる成分として米ぬかエキスも配合しています。これらのエキスが肌の角質層の深い部分まで浸透して肌を綺麗にしてくれます。

 

一方、アットベリーについては5種類の美白成分・6種類の保湿成分を配合しています。美白成分としては、プラセンタやグリチルリチン酸を配合するほかトウキエキスなども配合しています。保湿成分については、セラミドやコラーゲンなどを配合しトレハロースなども配合しています。さらにニンジンエキスやシャクヤクエキスなどの植物のエキスを豊富に配合していることも特徴です。炎症を防ぐ働きや血行を促進させる作用があります。さらにアットベリーには、臭い消しの成分も含んでいます。桑エキスは抗菌作用があることで知られワキガの予防にも使えます。

 

ピュ−レパールもアットベリーもどちらも効果については優れています。どちらも無添加で低刺激のため肌に優しいというメリットがあり人気があります。

 

ピューレパールとアットベリーの大きな違い

実は値段もほとんど一緒なのですが、大きな違いが一つあります。それが商品の「内容量」です。ピューレパールは30gで、アットベリーは60gです。

 

これだけを見ると「同じ値段でたくさん入ってるアットベリーの方がお得!」と思うかもしれませんが、それはちょっと違います。どちらも1個で約1ヵ月使えますが、内容量が少ないピューレパールでも1ヵ月持つということは、単純に1回あたりの塗る量が少なくて済むってことなんですね。

 

どうして塗る量が少なくて済むのか?それは少ない量でもしっかりと効果を発揮するからです。少ない量で済むということは、それだけベタつきもないということになります。

 

そういう意味で、少ない量でベタつきもなく、しっかりと黒ずみケアができるのピューレパールは、類似商品のアットベリーよりおすすめかなと思います。

 

どちらの商品も返金保証がついていますので、黒ずみに悩むなら、まずはピューレパールを試されてはいかがでしょうか?